アレルギーと寄生虫の関係



犬猫にも増えるアレルギー

人間の世界も、花粉症、アトピー性皮膚炎、ぜんそくなどアレルギー疾患が増えていますが、犬猫の世界も同じ傾向にあります。



特に季節の変わり目に、症状が出やすい、または悪化しやすい傾向も似ています。



その原因は、環境の変化や食品添加物など様々な可能性が上がっていますが、可能性の一つに寄生虫の減少があります。


回虫にアレルギー防止効果?!

フィラリアも寄生虫の一つですが、アレルギー発症と逆相関性を指摘されているのが回虫の保有率です。




もちろんヒト回虫も、イヌ回虫も高度に寄生されると腸閉塞などで命を落とすこともあります。


しかし例えば、ヒト回虫の保有率は、60年前の農村部では60%にも及んでいました。

都市部でも30~40%だったそうですが、最近の調査ではなんと0.02%




さすがにこの数字は、先進国の中でもトップレベルです。




ただこの保有率が下がるにつれ、増えてきたのがアレルギー疾患。