まさお日記 70~ピザ屋開店!


ワシの名は まさお

お達者くらぶの第111代 永久不滅会長じゃよ~

暑い季節に元気100倍のフレッシュトマトピザはいかがですか~?!


※お達者クラブ⇒年をとっても元気な犬の秘密結社



このご時世、和食店は大変なのでピザ屋を始めた。

関連ブログ⇒まさお日記53~お食事処まさお亭を始める



茶々丸「え~!!いまはピザ店にしろ何にしろ、飲食店はどこも大変なんじゃないの?」




茶々丸くん。ワシはプロじゃよ



茶々丸「時短営業とか、お酒の提供中止とかさ。そういうの守らないと」


ソフィ「まさ爺のことだもの、何か秘策があるのよ。ねえまさ爺?」



さすがお嬢!

プロフェッショナルなワシは規則は守るけど、従業員も守る!



茶々丸「営業時間普通じゃない?これで大丈夫なの?」



だから言っただろ?

ワシはプロじゃよ!

ピザ屋を始めるにあたって、内装の壁紙やカーテン、家具、食器に至るまで全てイタリアから取り寄せたんじゃ。

もちろんピザ窯もイタリアの職人に発注。



ソフィ「あら素敵!お店に行くだけで本場イタリアにいるみたいね」



その通り!

だから営業時間も現地時間で表記じゃ!!



茶々丸「えっ?!ということは午前11時プラス7時間・・・」



その通り!

日本時間で18時から午前1時までじゃ!!



茶々丸「それ大丈夫なの?」


もちろんじゃ!

だって日本標準時で20時までとはどこにも書いてない。



茶々丸「でも今度は酒類も時間に関わらず一律提供停止だよ」



それも知っとる。

だからそう書いてあるだろう?



ソフィ「うふふ。。。でもまさ爺なら秘策があるわよね」



やっぱりお嬢は冴えてる!

じゃ~ん!!



ソフィ「サイコー!勝手に飲んで罰金払えばいいのね(⋈◍>◡<◍)。✧♡」


茶々丸「まさおさんらしい逞しさだけど。。。ホントに大丈夫?」


お帰りの際はお料理の代金と罰金を頂戴します。

マサオピザ店主